負けてやり返す読書道

どーしよーもない自分に辟易している僕のような人々のための読書道

人生経験も知恵も足りない。機転も利かなければ運にも恵まれなかった。

はじめまして。

どなたさまも、こんにちは。こんばんは。おはようございます。

さて、冒頭のタイトルに『ビジネスぱーちょんお断り(パーソンなのは分かっているよ?)』と書いておいたので、そのテの人はここを見ていないと思います。

ていうか、そういう人はこの記事を読まないで。

絶対に役に立たないから。

そういうビジネス書とかの書評をマジメにやるブログではないです(苦笑)

ここはね。

もうすでに人並の立ち位置にいて、さらなるキャリアアップとか目指している人のためでもなく、

すでにマジメに順調に人生を切り開いている真っ最中で、

これからの方向性を模索している、なんていう人のためでもありゃーせん(苦笑)

そんな人は、どっかのエロい、もといエラい先生のセミナーだか、ぶっといハードカバーの自己啓発本でも読んでくだちゃい!

以下に、このブログに向いている人、できれば、来て読んでほしい人のタイプを箇条書きします。

ていうか、そういう人以外に読んでもなんの役にも立たないでしょう(笑)

まあ、こちらが一方的にこういう人向けって思っているだけで、その人たちが読んだって役に立つかどうかも怪しいのですが(苦笑)

それを言っちゃー話が進まない!

読んでみて、あ、ここはちょっと役に立ちそうかも、とか、あ、こいつよりはマシだったわ(笑)まだまだだいじょーぶ!とか見下してもらって生温かい安心感に包まれてみてもらってもけっこうです(笑)反対に、ヤバい。こいつとあんまし状況変わらない!焦らなきゃだめ?っていう人は、一緒に地獄をめぐりましょう(笑)

では、以下がこのブログのターゲット層(おおげさ!)ですw

 

 

 

  • ブラック企業という他ないと思っているが、しょーがなく、働いている諦め人。
  • 人に自慢できるほどの学歴じゃないから仕方ないと思っている人。
  • 自分の将来ってどうなるんだろうって不安な人。
  • 自分には何もないなぁって絶望している人。
  • 人より機転が利かなくて不器用!という人
  • 人への気遣いがヘタで嫌になる!という人
  • 人付き合いもヘタで人間関係が面倒くさい!という人
  • もう自分が嫌だ! でも、そんな気疲れするような人生もヤダって人。

 

 

 

そういう人のために書こうと思いました(涙)

なぜって?

今、これを書いている自分がまさに、その条件にぴったしな人だからですw

言ってみれば、自分のために書くブログです(涙)

でも、こんな自分のブログが同じ誰かの役に立てばいいな、とも思っています。

ここからは少し、自分のことについて書いてみようと思います。

あんまり、自分語りって得意じゃないし、好きでもないんだけどね(苦笑)

 

 

 

~ボクはこんな人~

 

小学校の頃は、ほとんど友達いませんでした(苦笑)

別にこの頃はいじめられていませんでしたが、単純に、友達と遊ぶのが面倒だったんです一人で好き勝手にやってるほうが好きでした。

友達が面白いっていってるものが、特に自分には面白いと感じられませんでしたし、合わせるのも面倒くさい。

それに、子供でありながらどっか覚めていたのは、子供同士だといつかケンカしちゃうんですよね。

たいていのどのコを見ていても、そのうちケンカする。すぐ仲直りしていたけど、

なんかそれも面倒くさい。

だから友達いなくても一人でいればいいやーという可愛げのない子供でした(苦笑)

そんなやつが、中学校に入って、まともにやっていけますか?

今時は子供同士ですら人間関係の難しい時代なのに。

まあ、当たり前にイジメの対象になりました(苦笑)

人付き合いって面倒くさいなーって思っていた自分に、さらに人間って嫌だなーって思わせてくれた経験でした。

中学でのイジメはずっとは続きませんでしたが、その後の僕の人生にすんげー暗い影響を残したのでした。

その後の僕は、必要最低限、人間関係を悪くしないほどほどのあたりで付き合うことを覚え、

目立たない空気のような存在になることを最重要課題として生きました。

でも、やっぱり人間って今でも嫌いです。

世の中に出て、社会の荒波に揉まれて実感しました。

 

やっぱ人間なんか大嫌いだー!

 

そこそこの年月、ろくな人生経験も人間関係もなく、人生の肥やしになるような遊びも覚えてこなかった僕は、体育会系のブラック社会に適応するのは、

そりゃもー地獄の日々でしたよ(苦笑)

え? じゃあ、適応したのかって?

いやー、ごめんなさい。結局の結論としていうと、

僕は適応しなかったようです(苦笑)

もうね。

大変な毎日でしたよ。

たかだか社会人経験なんて十年弱ですが、

その間、人間のえげつなさを垣間見てきました。

同時に、自分もえげつなく生きてきたと思います。

そりゃもうブラックまっしぐらな労基法ってなに? おいしいの?って職場環境の中、

人の心も荒む荒む(苦笑)

僕もさんざか、病みまくったあげく、人同士のえげつない関係の中、うんざりして暮らしてきました。

立派な大人は、きっとこういうんです。

バカものー! 

大人はみんな、そういう社会の厳しさに折り合いをつけて生きていくんだ! 

ちったー大人にならんかー!

いや、まさにそのとーり! そのとーりですわ。

でもね。いるんですよ。

そんな社会にボロぞうきんみたいに使われて、疲れ果てた若者たち、若者じゃない人たち(笑) 若者だったけど、もうそうでもなくなりつつある人たち(笑)(個人的にはこの人たちが一番悲しい気がする)

今まさに、苦痛に耐えながら必死にがんばっている人たちは、耐えている分、それに耐えられなかった人たちにいうんですよ。

バカものーってね。

いや、確かにその通りでグーの音も出ないんだけど、怒っていう分には自分だってつらいの。みんなね。

でも、ごめん。

もう無理だわ。

これ以上やったら、自分、人間嫌いどころじゃなくなりますわーっていう次の段階に進もうとしている次世代の人(なにゆーてんねんって思うでしょ?苦笑)

それが自分だと思います(笑)

で、自分は思いました。

一応、社会に出て学んだことっていうのは、もう無理ですわ、こんなブラック社会ってこと。

他にも学んだことはないのか!? このバカめがー!って?

いやそれがね。

地獄で苦しすぎて学ぶどころじゃなかったですし、実際、学ぶことなんてそんな言うほどないですよ?

周りにそんな立派な人なんていません。

立派な人はそもそもブラックな会社にいませんしね。

きっと、みんなこう思ってた思うんです。

「ずっと、もうはよ辞めようってそればっか考えてた」。

これですわ。

辞めることしか考えられへん。でも、辞められへん。これがブラック企業いうもんです。

そんなところにいてて、学ぶことなんてあると思います?

意識が変わると思います?(まあ、どっかのブラック企業は洗脳ゆーのをしているという噂もあるけども……)

せやから思うたんです。

ロクに人間関係築いてこなかったから、人間同士の気遣いも機転もあらへん、人生経験も浅い、頭も元々そんなよくない。社会に出て学んだことは、地獄しかなかったっていうんやったら、本読んで自分で学んでみたらどうやろ。

そしたら、なんか変わるんちゃうやろか。

もともと、下の下におるんやったら、なんかやってみてもそれ以上下がりようもない。

何か上がる要素があるなら、やってみてもええんちゃうやろか。

思いついたことが読書でした(苦笑)

ここでは、そんな僕が読書しながら試行錯誤してやってみたことの結果を綴ってみようと思います。

他にもこんな僕みたいな人か、いくらか共感できる人いたら、まあ、読んでみてください。


よければ、ぽちってしてください。泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村